ユウイナカラダ 第三話 女の子として着替えてみましょ?

巨大な機械は”入れ替え”を終了し起動音が静かになっていた。
この機械に装備されていた二体目の”被体”に僕が入り込んだ瞬間だった・・・。

「30分経ったろ?もう立てるんじゃないのか?」
「う、うん・・・大丈夫みたいだ。」

初めての入れ替わりを体験した僕(玲奈)は震えるような興奮の中にいた。
そしてごく自然に女座りをしていた・・・そんな僕(玲奈)を見てヒロミツ(亜香里)がニッコリしている。

「父さんの買い取った土地にこの工場が建ってたんだ・・・まぁ更地にして何か建てるつもらしいけど。」
「まぁお前の親父さん、一応やり手の社長だもんな・・・そこにこんなものがあったってこと?」
全裸の僕(玲奈)はヒロミツ(亜香里)の後に続いて歩いていく。


前を歩くヒロミツ(亜香里)の後ろ姿はどう見ても若いお姉さんだ・・・細い肩からお尻にかけての見事な曲線が性欲をそそる。
「見つけたときは興奮したよ・・・・それ以来女子に変身するのが止められなくなってさ。さっ入って。」

フワッと電気が点く。
キレイな部屋だ・・・小さな宿直室みたいな感じ。

「廃工場の中とは思えないな・・・きれいな部屋だね」
「俺が徹底的に掃除したのさ。まぁこんなことやってたからお前とあまり遊べなくなったわけ・・・ここには女のコ用の服とかいろいろ置いてあるんだ。」
几帳面な彼らしい・・・

「それで最近付き合いが悪くなってた訳か・・なるほどね。」

引き出しを開けてブラとパンティを見繕ってくれているヒロミツ(亜香里)・・・ちょっと屈んだ姿勢でパンティがバッチリ見えている。
確かにね・・・・こんな美女になれるんだ、ヒロミツじゃなくてもたまらないだろう。

「はぁ・・・これが今の僕・・・。」 

姿見には刺激的なプラとパンティを着けた美女が写っている。
戸惑いと喜びの入り混じった表情でこちらを見つめていた。

思わず鏡に近づいてしまう・・・豊かに膨らんだおっぱいが鏡面に接してドギマギする。

「感動するよな。俺も初めてお姉さんに変身したときは鏡の前で思わずハァハァしてたよ・・・」
「・・・・。」
「タカシ、俺ちょっと外そうか?・・・女の子の”ひとりエッチ”体験したいんじゃないのか?」
「そ、そんな!?イイよ・・・それより服は?」
そう言いながら頭の中では変身した自分がみだらな行為に熱中しているイメージが浮かんでいた・・・。

胸の膨らみを弄り股間の女性器に指を挿入して・・・今すぐ体験をしようと思えば出来るんだよな。

「横の扉だよ、好きなのを選んでくれ・・・・タカシ!もう。」
ヒロミツ(亜香里)がティシュを数枚取って僕(玲奈)に手渡しくれた・・・
気付かない内に股間から床に向かって愛液が糸を引いていた。

「ごめん・・・。」

ニットワンピの背中のファスナーを下ろし身体を潜り込ませる。

「でも良かった。タカシが女の子に成るのをこんなに喜んでくれてさ。」
「そ、そりゃヒロミツがあんなきれいなお姉さんに成ってるのを見れば・・・・」
ファスナーが上がるたびピッタリとニットが身体に張り付いていく。
そういえば背中にファスナーがある服なんて男では無いものな・・・はぁ・・。

「こら、こんなことで感じてどうするんだよ!」
「か、感じてないよ。もう!」

鏡越しに写るヒロミツ(亜香里)は自分よりちょっと背が高い・・・・僕(玲奈)よりちょっとお姉さん度が高い感じだ。

「タカシこっちの方がいいぞ。」
僕(玲奈)にヒロミツ(亜香里)がおすすめの黒パンストを手渡してくる・・・・女子になるのはやっぱり慣れてるな。
「こっちの方がデニール数が少ない・・・圧倒的にエロいんだ。」
「・・・・う、うん。」
震える手で取り出した黒パンストに脚を通す。

「はぁ・・なんだ、この肌触り。」
「お前・・・さては脚フェチだな。」
「う、うるさい・・・はぁん。」

スルスルと音を立てて脚が黒の官能的な質感に変貌していく・・・・
すべすべしたナイロンの肌触り、その中に太もものプニプニした柔らかさが合わさっていて・・・
それはもうたまらないのだ。
黒パンストを装着しスカートを下ろすと見慣れた女性のシルエットが出来上がる。

「はぁはぁ・・」・・新品のパンティがみるみる湿っていく。
ヒロミツ(亜香里)がいるのに我慢できずため息が漏れた。

「なぁブーツ履いてみていいか?土足で悪いんだけど。」
「あぁ、もちろん。」

黒パンストに包まれた脚がロングブーツに吸い込まれていく。
これも男では体験しない感覚だ・・・・そしてチィーとファスナーと上げていく。


「はぁ・・・ブーツの締め付ける感触が・・・・ああっ・・・はぁん!!」
転倒しないようにソロソロとたどり着いた姿見の前で思わず両手を股間に当ててしまう。

鏡には中腰になってなって興奮に耐えるフェロモン満点のお姉さんがいた。
ピッチリとエロボディに張り付いたニットワンピからスラリとした脚線美が伸びている・・・
そして黒パンストとロングブーツ、自分好みのエッチなお姉さんが悶ていた。

「はぁはぁ・・・」
イヤらしい気分がピークに達しパンティのクロッチがひたひたになっていた。

「タカシ・・やっぱり俺ちょっと外そうか?」
「・・・ご、ごめん、出かけよう。」・・・僕(玲奈)の頭のなかにフッとヒロミツ(亜香里)のハイヒール姿が浮かんでいた。

「やっぱりヒロミツと同じヒールにする・・・」
「まぁ脚を見せたいならそっちだよな。」

光沢のあるヒールにスルリと足を滑り込ませる。
そしてヒロミツ(亜香里)に手を引かれ夜の街に躍り出る。

道路に美女二人のヒールの音が響きわたった・・・・。

続く・・・

あとがき

もう年も開けて二週間になるんですね!

今回の冬休み、ナカナカ充実した休暇が送れた気がします。
新作が書けて~しかもいい感じに転がって面白かったですね。

いずれどこかで掲載できればなんて考えております。

そんで今回ちょっと短めです~そのかわり第4話は長めになります。
配分を間違えました・・・・

では



DMMDLsite

【概要】
人気アイドル新田◯波そっくりになれるキグルミを着ての
自慰、過激IV撮影、電マ、4P等。

【あらすじ】
担当アイドルそっくりになれるキグルミを手に入れたプロデューサー。
彼女への秘めた想いを本人の姿でのオナニーを通して満たした後、
彼女が自分の知らない仕事のオファーを受けていたことを知る。怪しさ満点の連絡先へ
彼女になりすまし潜入すると、そこは過激IV撮影現場だった…

【オフセット版の仕様】B5/28P

2 Responses to “ユウイナカラダ 第三話 女の子として着替えてみましょ?”

  1. トムソン より:

    いつもに増して素晴らしい!
    下着の細部まで丁寧な仕事ですね!
    脚フェチ好きのTS好きにはたまらんです( ;´Д`)
    続きが楽しみでしょうがないです!

    • kenzi より:

      トムソンさんコメントありがとうございます。

      数年前見た作品に黒パンストの美女が出てましてそれ以来脚フェチになった気がします・・・本作はそれの影響がモロ出てますね。
      こういうシーンがこれからもバンバン出てくる予定になっております、楽しんで頂けるとうれしいですm(_ _)m

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ