超電磁ロボット・デルセスV 第二話

車外の風景は以前とは違ってしまっている。
TS星人の侵略開始から数年経った東京は倒壊したビルが連なり道路は通行止めが日常茶飯事だ。

車外を見ながらタメ気を付く・・・・副官専用の車は俺を乗せてビックフェニックスに向かっていた。軍の制服のスカートはシートに座るとかなり短くなり色っぽい太ももを露出している。

”はぁ・・・”

顔を赤らめながら生まれて初めてのスースー感に戸惑いを隠せない・・・

「聞いているのかね、大橋剛士・・いや今井ユリア大尉!!」
「ハッ、失礼いたしました副官、聞いております。」訓練の成果で女声が口元から出ている。

地球の最後の希望、ビックフェニックス、デルセスチームのリーダーに成り代わらなければならない・・・重要な任務だ。
ここ数日、数々のレクチャーや訓練を受けてきたが当然ぶっつけ本番に近い。

あまりに重要な任務・・・頭が痛い。

「17連隊を率いて、なおかつエース級の腕を持つ君ならデルセスチームを立派に率いていけるだろう。今井ユリア大尉が退院するまでの辛抱だ。・・・・しかし、あの絵に書いたように強靭な大橋大尉がな・・」

言葉を続ける副官の目は俺の膨らんだ胸とスラリと伸びる脚にねっとりと注がれている、女の子になってしまった俺に・・・はぁ。

「さぁ、大尉ビックフェニックスだ。ここからは大橋剛士だったことは忘れるように。それから・・・これを使うように。」
副官が差し出したのはイヤホンだった。

「これを耳に装着してスイッチを入れると連絡が取れる超高性能通信機だ。ビックフェニックスやデルセスの機内でも敵味方関係なく傍受される心配がない、まぁこれも”皮”同様、軍の最新技術だな。」
「はっありがとうございます。」

前方ガラスには巨大な基地が広がっていた。「ビックフェニックス・・・。」つぶやく声は紛れもなく女の子の声だった。

-第二話-

「長官、ただいま戻りました。」

「よく戻ってくれた!いや怪我が大したこと無くて良かった。」
緊張した面持ちで敬礼する、いやここは今井ユリアの慣れ親しんだ場所なんだ・・・リラックスしなくては。

「幸い君がいなかった数日、敵の戦闘ロボットの攻撃は影を潜めている。君が重傷を負った戦闘時の損傷でデルセスもひどい状況だからな・・。」

副官から聞いた通りだ。
地球の希望、スーパーロボットデルセスVは今完全な状態には程遠い、合体不能状態なのだ。
しかしそれが重要だ・・・・。

合体可能になるには一ヶ月は掛かるはず。

「ユリア大尉!おかえりなさい!!」「ただいま。」

アマゾネス軍団とも揶揄されるデルセスチームとビックフェニックスだが実際は全く印象が違っている。
通路ですれ違う基地スタッフたちはみんな若く可愛らしい女の子ばかり・・・どういうことだ??

「ユリア大尉!!」振り向くと通路の先から他のスタッフとは明らかに違う戦闘服の女の子が走り寄ってくる。
(デルセスチームか!?)

「おかえりなさ~い!!」いきなり抱きつかれ戸惑いを隠せない・・・副官からの説明は重要度の高い内容のものばかりだったためこういった日常レベルのことはほぼ知らされていないのだ。

「アヤカだよ、なに?忘れちゃったの??」胸の中でにっこり笑う娘は食べてしまいたいほど可愛い娘だ。
こんな娘がデルセスチーム??噂とまるで違うじゃないか・・・

イカンイカンちゃんとリーダーとして振舞わないと・・

「アヤカ、私がいない間ちゃんとしてた?訓練怠ったりしなかったかしら?」「大丈夫です!ほんとうれしい!」

俺の膨らんだ胸に顔を埋めるアヤカ、「心配かけてごめんなさいね。」
うぅ女言葉、ナニ言っているんだろ俺・・

「早くチームのみんなのトコに行きましょうユリア大尉! あっその前にィ」「えっなに?!」

手を引かれデルセスチーム専用のウェイティングルームに連れて来られる。
その横にカーテンのないシャワーブースのようなものがある・・・なんだ??

「アヤカ、あのこれは??」「えっ?なに言ってんですかぁ。もうデルセスチームに帰ってきたんですよ?」「??」「みんなに会う前にチームの制服に着替えましょう。」「チームの制服??」

目の前のアヤカはノースリーブに超ミニのワンピースタイプの制服姿だった。

「なに言ってるんですか??このブースに入ると自動でこの制服にチェンジ出来るじゃないですかぁ、忘れちゃいました??」「自動?!」
「さぁ!!」ドンと押し込まれるようにブースに入ってしまう。


壁面のスプレー状のシャワーのようなものが噴射される。

「キャッ!アヤカ?!」

着てきた地球防衛軍の制服は溶けるようになくなってしまう。

一瞬ブラとパンティーが姿を現したと思うとアヤカの着ているのと同じデルセスチームの制服が現れ始める。

エッチな制服が強制的に身体に装着されていく・・・

「あぁ・・・なにこれ!?」「なにってチェンジングブースですよ?」

噴射が収まったとき俺の姿はデルセスチームの制服姿に変貌していた。

ノースリーブでミニのワンピースタイプの制服はリーダーナンバーの01の文字が。

足元にはピッチリとしたニーハイブーツが装着され絶対領域がなまめかしく露出している。

戸惑いながら見下ろすとさっきまでの制服とは比べ物にならないほど胸の膨らみが露になりほっそりとした腕も女性らしさを醸し出している・・。

「あぁユリア大尉・・素敵ィ・・。」

正面の姿見に映りこむ俺・・・なんだこのエッチな格好・・・
「こ、これ・・・。」

俺同様上気したアヤカが再び膨らみが強調された俺の胸に顔を埋めてくる・・・こんなこと・・聞いてないよ。

「えっほとんど女の子??」

「ユリア大尉今さら何言ってるんですか??ここビックフェニックスのスタッフはほとんどが女性じゃないですか!」
・・・だから長官以外女の子にしか会わないのか。

ウェイティングルームで呆然としていると突然数人が駆け寄ってくる。

「ユリア大尉、おかえりなさーい!!」「えっキャ!?」
デルセスチームの制服姿の3人の女の子から次々抱きしめられる。

なんてことだろう、アマゾネス軍団と揶揄される”デルセスチーム”は実はモデルのような可愛い女の子の5人組だったのだ・・・驚いた。

「ユリア大尉、私ホントに心配で心配でェ」女の子の柔らかい身体に揉まれて混乱を隠せない、イカンイカン俺はこの娘達のリーダーなんだ。

「た、ただいま。みんな心配かけてごめんなさいね。あぁん、ほら泣いてちゃだめでしょ。」なんでこんなことに・・。

エッチな制服姿の女の子達、でも今は俺も彼女達と同じ制服姿なのだ。

「はぁ疲れた・・。」

今井ユリアの部屋は整理整頓され所々にピンクの配色がされた女性らしい部屋だった。
よろけるようにベッドに身を任せる。
その様子は華奢な女の子そのもの、しばらく呆然としながら天井を見上げていた。

「ハッそうだ。」

急いで副官から渡されたイヤホンを耳に押し込みスイッチを入れると驚くほどクリーンな声で田辺綾乃が語りかけてきた。

「聞こえる?大橋・・いや今井ユリア大尉。」「田辺さん?副官が出るのかと思った。」「副官が常に話せるわけ無いでしょ?それよりどう?”皮”の調子は??」
「まだ基地に来て数時間だからね、何とも言えない。不具合は特に感じないけどね。それより田辺さんは知ってたの?ビックフェニックスが女の園だったていうのは?」
イヤホンからは綾乃の笑い声が響いていた。

「そうね、言い忘れていたわ。副官は言わなかったの??」「うん。ひどいなぁ。」
「あら、女の子がそんな言葉遣いしちゃだめじゃない??それに周囲が女の子だったら楽しいこといっぱいなんじゃない?あなたも男なんだし。」
さっきの女の子達との戯れを思い出して頬が赤くなる。

「な、何言ってんだよ。楽しいなんて・・」「ハハハッ、まぁ女性になるのも貴重な体験よ。それとなにか問題があったらすぐ連絡して。私と副官がすぐ対応するからね。」

耳からイヤホンを引き抜きスイッチを切る。

今は非常警戒態勢でもなく、ここ数日敵の接近も息を潜めている。
なるべく意識しないようにチームの制服を脱ぎ皮の背中のファスナーにつまみ一気に下ろす。

「ふぅ・・。」地声でため息をついてみる、なんか久々の気がする。
「やはり男の声がほうがシックリくる・・・」少々無謀かもしれないがドアのロックを再度確認し”皮”を全て脱ぎ去る。

女の子の部屋にガッシリとした男が一人、どう見ても不自然だ。
そして脱いだとたん感じる女の子の香り・・・さっきまでは全く感じなかったのに・・・。

下半身が大きくなり始める・・・そしてさっきの綾乃の”周囲が女の子だったら楽しいことイッパイなんじゃない””女性になるのも貴重な体験”の言葉が脳裏に蘇る。

ゴクリとつばを飲み込む・・・久々に男に戻ったものつかの間、再びファスナーを上げる。
”皮”はほどなく身体への吸着を始め見る見る大橋剛士は今井ユリアへ変貌を始める・・・前回の装着と違うのはユリアの表情が最初から上気し興奮しているところだ。

・・・・いいよね、これくらい。

ベッド側の収納の引き出しをそっと開ける。
予想通り色とりどりの下着、パンティやブラがユリアになった大橋剛士を誘うように佇んでいる。

禁欲的な軍隊生活、そして重要な任務、女性としてデルセスチームを率いなければならない強いストレスの中、大橋剛士として性欲のスイッチが入ってしまうことを抑えきれなかった。
広げられたピンクのパンティはフリルがあしらわれ甘い香りを漂わせている・・・それを手に取る、興奮は最高潮に達していた。

”皮”の装着には田辺綾乃が付きっきりだった。

今は初めての一人っきりでユリアとして存在している、しかもスッポンポンなのだ・・・

荒い息の中、彼、いや彼女の目には足首に通された先ほどのピンクのパンティがある・・・それは装着されるのを待つかのようにクロッチをこちらに向けていた。

震える手で両脇の紐のようなものを掴み引き上げていく・・・
「は、はぁ・・・。」のっぺりと張り付いたクロッチはすでにエッチな女子のシミを作り始めている。

ハァハァ・・・急かされるようにペアのブラを手に取りまじまじと見つめる。

Eカップ・・俺がこれを付けるのか・・・

深く大きな膨らみのブラ、それは今の俺の胸の大きさなのだ・・・今の俺は巨乳と呼ぶには十分なプロポーションを今は一人で楽しむことが出来るのだ。
慣れない動作で肩紐を通し細い腕を背中に回しフォックを留める・・・男であったならこんな柔らかな動きはできないのに。

「ハァハァ・・・留まった。」
ブラの装着を完了した俺はエッチな下着姿の女の子なのだ、見下ろす身体はさっきまでの制服姿の比ではなかった。

ピンクのレースに包まれた膨らみは俺の荒い息にリンクして上下しプルプル感が強調される。
そしてその膨らみを乗り越えると緩やかに広がった腰にピンクのパンティがピッタリ張り付いている。

股間の膨らみがなくのっぺりとした股間、そしてその下の脚と脚の大きな隙間が女の子感を一層感じさせる。
当然勃起するわけもなく、その代わりにジュワジュワした感覚が止めどなく押し寄せてくる。

「あぁん、あそこがジュワジュワしてくるぅ・・」

未知の感覚のために内股になってしまう自分が情けない、そしてその様子を部屋の片隅の姿見は写し出している「はぅ・・も、もう・・。」

立っていられなくなり思わずベッドに倒れこんだ、おもむろにパンティを膝上まで下ろしすこし脚を開く・・・姿見には大事な部分が映し出される。

そして”皮”の中で生まれ変わった自分に悶絶しながら初めてのひとりエッチに突入していくのだった・・・。

つづく・・・。

あとがき

やっと第2話です・・・遅くなりました。

先日夏樹さんから作品の投稿をいただき喜ぶと同時に自分も描かなければ~と描き始めました。
文章は年始に完成してる本作、問題はイラストの方で・・・。

最近はすっかり文章を書くのが好きになってましてイラストはホントご無沙汰~でも楽しんで描くことが出来ましたね。

今回の第二話からやっとエッチな描写も登場しはじめます、ほぼスタバで描いた今回のイラスト・・・まぁ作業しにくかったです(+ω+)/

ではまた~。

とらンス!
とらンス!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ