続トッカエバー/前編

”トッカエバー”

前回までのあらすじドラえもん 第8巻
ドラえもんの第8巻” ぼく、マリちゃんだよ”に登場するバトンのような秘密道具。
バトンのようなバーの両端を持った者同士が入れ替わってしまうという恐ろしいツールなのだ。

デブでさえない男、神田光男はアルバイト先の上司である今里英美香と入れ替わりを試みる!
高圧的でプライドの高い英美香はマンマとバーの端を握り意識を失う、彼女の魅力的なボディに今、神田光男が入り込んでいくのだった・・・。

僕は会議室の床に横たわっていた・・・頬にタイルカーペットの感触がある。

ゆっくりとぼやけた視界が明るくなり始める・・・そこには予想通り僕の慌てふためく姿があった。

続トッカエバー

-前編-

「こ、これはどういうこと!!?」

小太りのムサ苦しい男が自分の身体を見下ろし目を剥いている。

その一方、僕はゆっくりと立ち上がる。
新たに手に入れた身体は否が応でも新たな感触を僕に送り込んできた。

脚に装着されたパンティストッキングは心地よい締めつけで脚同士が擦れ合うのも新鮮だ。
靴はさっきまでの汚いスニーカーから黒の光沢が美しいハイヒールに変わっている!

今までの毛むくじゃらの短足からスラリと伸びた毛ひとつない脚に変化している。
その脚でパランスを取るようにしながらゆっくりと立ち上がる。

パンティストッキングを履いているにもかかわらずミニのタイトスカートのスースー感も新鮮だ。
そしてこの下には今里英美香のパンティがある。

立ち上がったと同時にシャンプーのいい匂いが香る、男の時より明らかに長くなった髪から異性のフレグランスが立ち上っており思わず大きくクンクンしてしまいそうだ。

それに連動するように上下する胸はスーツを突き上げ豊かな膨らみを主張していた。
立ち上がった振動と共にプルプルした感触を僕に強く送り込んでくる。

「あっあぁ・・ホントに入れ替わってる・・・。」
色っぽく艶のある声が自分の口元から漏れる・・・入れ替わったんだ!あのいやらしいボディの今里英美香に僕がなっているのだ。

「ちょっとこれはどういうこと!!返しなさいよ私の身体!!」
元の僕になった英美香が僕の身体を強く揺する。

「あぁぁ・・オッパイが・・。」
僕のオッパイが激しく揺れその振動に酔いしれてしまう・・・なったんだ、女の子に・・・あの今里英美香に。

「なに私のウットリしてんの?!早く戻しなさい!!」
「フフフどう??いつも罵っている部下、神田光男になった気分は??」
「あっ!?そうだ!あの道具!!」

周囲を見渡す神田光男(英美香)。
”トッカエバー”は役目をひとまず終え床のタイルカーペットの上に佇んでいる。

「これで戻れるのよね!?」
一目散にトッカエバーを拾い僕に片側を握らせ入れ替わりを試みる光男(英美香)・・・しかし二人には何も起こらない。

にや~っと不快な笑顔の僕に追いすがるように理由を尋ねる!

「どうして!?ねぇどうしてなの!!」


「はぁ・・・。」うっとりと酔うように僕は吐息を上げた。

さっきまではオフィスの端の汚いデスクだったのに今は皆を見渡す管理職のワイドサイズのデスクに腰をおろしている、椅子の質感もずいぶんと良いみたいだ。

「おぉこれが女の感覚か!!」

何気なく組んだ脚からは今までにない感覚が送り込まれてくる。
以前とは比べ物にならないくらい長い脚!
そして滑らかな黒いストッキングに包まれた太ももが擦れ合って異性の衣類のまろやかな感覚が興奮を誘う・・・

”あの短足が今はこんな脚線美に!!。”

そして以前の男の勃起とは違う女性特有のアソコが愛液にみるみる満たされていく感覚を僕はウットリと味わっていた。

”た、たまらない・・・!!。しかも今里恵美香としてこんなことになってるなんて・・”
パンティのクロッチにシミが広がっていく・・・。

僕の興奮をよそに以前の僕のデスクには入れ替わった恵美香が意気消沈していた・・・呆然と何も出来ずタダたたずんでいた・・・。


「神田さん!神田光男さん、聞こえないの!!」
ハッ私のこと??

「はっはい!!」「頼んでおいたコピーは出来たのかしら?!」

私は隅の汚いデスクで呆然としていた、神田光男として・・。
そして私は叱りつけるように声をかけられていた。

‘コ、コピー??‘

デスクの脇にあった紙の束を思わず差し出す。

「なによこれ??頼んだ部数が取れてないじゃない!」見上げると元の私、今里恵美香(光男)が威圧するように立っていた。
「・・・・!?」

「何度言えばまともに仕事が出来るようになるのかしら?やり直ししてちょうだい!!」恵美香(光男)はコピーの束を床に投げ捨てた・・・

「なにボーッとしてるの?拾いなさいよ・・・」こ、こいつ・・・以前の私だったらこんな屈辱的な仕事や扱い・・・・。
「なに??何か文句あるわけ??」

「い、いえ・・・。」
急いで床に這いつくばって用紙を拾う。
重い体と太く毛むくじゃらの手、あぁなんでこんなことに・・。

腕組みして見下ろす恵美香(光男)。
組んだ腕に乗り上げるように突き出した胸とタイトミニから伸びた悩ましい脚、私の大事なものが今、光男の身体と化している・・・。

「あぁ・・なんで。」
つぶやいた声も以前とは違う野太く汚いものだった。

「あっ痛っ!!」
私の毛むくじゃらの手を恵美香(光男)が皆に気づかれないように踏みつけてきた・・・・
「さぁ拾いなさい、神田・・いや今里恵美香さん・・・。」

冷たく尖ったハイヒールが手にくいこむ。
勝ち誇ったその笑みは私をますます落し入れるかのようだった。


「今里さんそろそろ会議です、ご一緒しましょうか。」
スーツを見事に着こなした部下の高木洋介が声をかけてくる。

「えぇ・・・ごめんなさい。先に行っててくれる? 後で追いかけるから。」
「はい、では後ほど。」

会議に向かおうとする僕は突然女の子として初めての尿意を感じていた・・・
ミニスカート、そしてパンティの上は黒く薄いパンティストッキングしか外部と遮断するものがない服装に冷えてしまったのか腰がプルプルと排尿を迫っている。

 
”・・あぁいよいよ女の子として女子トイレ。”
軽く上気しながら普段と反対側の赤いスカートの表示のある空間へ入って行く、コツコツと響くヒールの音もたまらない。

昨日まで使用していた紳士用トイレとは違い内部は淡いピンク色のタイル壁で個室のみがズラッと並んでいる。
そして当然小便器がない・・・反対側の壁には大きなミラーが水道部分の上の壁一面に張りめぐらされている。

誰もいないようだ・・。

人の気配にハッとするとそれは鏡に映った自分だった・・・。
ビックリしたような今里恵美香、そう今の僕だ・・・胸部分が豊かに膨らみ艶かしいラインがスーツ越しにも分かる。
長い髪に整った美しい顔、思わず鏡に見入ってしまう。
内部からではなく外部から客観的に入れ替わった自分を初めて見てウットリとした感覚が止まらない・・・・
「あぁ可愛い、これが僕なのか・・。」

興奮状態にもかかわらずタイトスカートの前は膨らまず、愛液を分泌し始める。
恵美香の若い肉体は敏感に性的興奮状態を表していた。

「あっ恵美香さんお疲れ様です。」その時数人のOL達が女子トイレに現れた。
「・・・あぁお疲れ様。」

「恵美香さん相変わらずプロポーションいいですよね~うらやましい。」
「な、なに言ってるの。」

彼女の目がウソを言ってないのは間違いない。

OLたちと共に鏡に映る今の自分が抜群のプロポーションで彼女たちを圧倒しているのは一目瞭然だ。
以前の僕とは真逆の圧倒的なボディを手に入れたことを実感せずにはいられなかった。

”あっ・・そうだった。”

せかすような尿意が僕を初めてのおトイレに誘う・・・。
ヒールの音を響かせ個室に入りトイレに背を向けゆっくりパンティストッキングとパンティを下ろし便座に座る。
そしてすぐさま男との違いを経験していく。
「えっ?!なんか・・・なんか男の時と違ってガマンできな・・・あぁ!?」

座ったとたん股間からおしっこが噴出すようにあふれる出る。
膝に置いた手にも思わず力が入る。シャーッという女独特の排尿音に包まれながら女の子に変貌した身体を再認識しつつ興奮が最高潮に達する。

”はぁぁ・・た、たまらない・・・”
おしっこを立って出来ない、そして男の時と違い排尿を制御しにくい所など女の子独特の不自由さにも入れ替わりを心底実感するばかりだった。

胸ポケットに入った汚い携帯が鳴る。

「なに!?誰かしら??」
不愉快な野太い声が自分の口から発せられるのが相変わらずうっとうしい。
太い指と毛むくじゃらの手で開いた携帯の画面には”今里恵美香”と私の名前が表示されている!

一旦席をはずし急いで通話ボタンを押す!!
「あぁ~ん、気持ちいい・・・最高・・・・何この身体ぁ~」
「?!」
携帯からの声は私の・・・私の喘ぎ声が響いてくる!!なにやってるの、あいつ!!

「お、お手洗いでおしっこしてアソコ拭いてたら・・・なんか気持ちよくなって・・あぁっ!!」
「やめて!私の身体になにやってるの!!」
携帯の向こうからクチュクチュ音が熱い吐息と共に聞こえてくる・・・・こ、こいつ私の身体でオナニーしてる・・・私の・・私のボディにエッチなことを!!

重い身体で女子トイレに急ぐ!”・・・はぁはぁ、重い。なにこのブヨブヨの身体っいやだぁ!!”

フロアの隅に位置するトイレ、怪訝そうな顔をしたOL達とスレ違いつつ女子トイレに走る。
トイレ前の廊下からでもあえぎ声が聞こえる!!あ、あいつ!!

「あぁん・・・気持ちいいっ~あぁ。」
恵美香(光男)本人は押し殺しているつもりでも強すぎる快感に悩ましい声が漏れてきている、冗談じゃない!!
「や、やめて。みんなに聞こえるわ!私の立ち場も・・・考えて。」

以前は自由に出入りしていた女子トイレ、光男になってしまったからには入ることもできない。
女子トイレは自分に成り替わった光男が女子としてオナニーするという倒錯した空間と化している。
私は外で屈辱と自分の立場への不安で押しつぶされそうになっていた。

「おぉん・・・」絶頂を迎えたらしい恵美香(光男)はハァハァと疲れたように息を整え始めた。

彼は私の身体を奪っただけでなくそれに伴う快楽も、立場も全て持って行ってしまったのだ。
そして追い討ちをかける様に私のアソコが猛烈に盛り上がっていた・・・・。

「ああ!!わ、私が勃起してる・・・な、なに!?自分でコントロール出来ないの!?」
私の股間ははち切れんばかりに勃っていた。

「しかも・・な、なんでこんな時に・・。」

倒錯した状況に私が興奮している??
でもそれ以上に男性の性的興奮を体感して戸惑っていた・・・私が汚い体でしかも勃起してるなんて。


私は仕事が終わると”トッカエバー”を片手に会社を飛び出した。

恵美香(光男)はこの奇妙な道具がもう使えないことを知っているため関心を示さないようだが私には唯一の希望だ。

それにこれはれっきとした工業製品らしいのだ。
よく見ると製造メーカーやその他の情報が表記されている・・・ここに連絡を取ればなんとかなるかもしれない、元に戻れるかもしれないのだ。

「ハッ、電話番号が書いてある!!」
毛むくじゃらの手など気にする余裕もなく素早く携帯をプッシュする。

”お願い・・・出てぇ!!”

呼び出し音が冷たく続くばかりだった。


「あっあぁん~」
あぁ・・思わず声が出るぅ・・・僕の身体には汚らしい手がいくつも這い回っていた・・・。

退社時間とともに光男(恵美香)が姿を消した・・・。
ふん、別にどうでもいいさ、もうあいつの大事なものを全て頂いたんだから。
そして今、恵美香の自宅への向かう電車内では僕の新たな身体に周囲の男達が発情、初めて痴漢されるという体験をしていた。

「あぁん、やめてください・・・あぁ。」
僕はワザと色っぽく気弱な女を演じ襲われるという体験に酔いしれていた・・・き、気持ちいい・・・。

「なっなにやってるんですか!?」一人の男がたまらない様子で股間を露出させる。
それを僕の脚と脚の間にヌッと差し入れてきた・・・なにやってんだ、こいつ。

「あぁ・・・止めて、止めてください・・。」
腰を振り硬く勃起したそれを激しく出し入れする変態おやじ・・・しかしほのかに僕の股間も刺激されまろやかな快感が身体中に広がっていく。

”は、はぁ・・”白いものが飛び出したことで一区切りしたと思ったら次々と周囲の男達が僕の股間と太ももの空間に向かって突き立ててくる!

「なにをしてるの!?」挿入させまいとパンティを死守する。
”あぁ・・僕、いや私、やられそうになってるぅ・・。”

襲われる感覚と股間の強烈なグラインド、それに身体中にまとわりつく男たちの手・・・男を狂わせる身体を手に入れた自分・・・・様々な倒錯的な要素がなだれ込んでくる。
僕は電車の中で今日二度目の絶頂を迎えていた。


フラフラの足取りでたどり着いた英美香のマンションは僕のボロアパートとは天と地ほどの差があった。
いいフレグランスの香りも立ち込めなにより”女の香り”がするのだ、こんな香りに縁がなかった自分にはそれだけで異世界に来たような感覚だ。

「はぁ、こ、こんなの履いてるのか!!」
僕はベッドルームの壁に設けられた大きな姿見の前にいた。

そこで初めてちゃんと生まれ変わった自分を確認していた・・・さっきトイレではオシッコに夢中でちゃん見るのは初体験だ。
震える手で静かにずり上げたスカートの奥から現れたパンティーに思わず悶絶してしまう。

パンスト越しの艶かしいパンティ・・・
「あぁっいやらしい・・・」ピッチリと股間を覆うパンティを自分が女の子として身につけている・・。

それを実感したとたん興奮のあまり立っていられなくなりヘナヘナと女の子座りしてしまった。

もちろんこれだけの性的興奮状態でもあの不愉快なチンポの勃起は起こらない・・・のっぺりした股間があるだけだ。

「あぁっ、もう!」
我慢できず半透明の黒いパンティストッキングを一気に下ろす。

今度は上半身だ。まずスーツのボタンを一気に外す・・・そして目の前には更に興奮を駆り立てるモノが現れる。
白のブラウスを突き上げるように膨らんだ胸、よく見るとレースのブラが透けている。

「英美香ってこ、こんなに大きかったんだ・・・あぁっ」

ネイルが美しい指先が震える・・・・男とは逆の重なり方をするボタンをなんとか外していく・・。
まず谷間が、そしてプックリとした胸がブラと共に現れる!

「おぉっ!!」
急かされるようにブラウスを脱ぎ去り背中に手を回す。
男の時はしたこともない背中のフォックを探る悩ましいポーズが姿見に写り込む。

パチンッ!!
解放されるように揺れながらオッパイが姿を現す。その丸みの先端には小さなピンクの乳首がツンと勃っている。
「おぉ・・エロい!しかも・・・プルプル揺れるぅ。」うっとりした表情で胸の揺れ動く感じを味わう。
”た、たまらない・・・”

スカートとパンティも取り去りついに英美香の生まれたままの姿になる!
姿見に手をつき生まれ変わった自分に浸る光男・・・股間は愛液をとめどなくあふれさせあそこを濡らしていく・・。


わたしは東京都の23区外の○○市に来ていた。

昨日は自宅には帰らずネットカフェで一夜を過ごし出来るだけこの道具に関する情報を集めていた。
私があの浮浪者のたまり場のようなネットカフェで夜を明かすことになるなんて・・・しかし私はこの”トッカエバー”にすがるしかない・・。

「ここね・・・。」
汚いボロアパート、こんなところに”トッカエバー”を修理できる人がいるっていうの・・?

「あの、ごめんください!」表札もない部屋に向かって呼びかける、人なんか住んでる様子ないけど。

しかしその時扉が空き初老の男がヌッと現れた・・・・この人がこの道具のこと分かるって言うの??


「えっ直せない!?」
雑然とした部屋に通された私は思わずうなだれてしまった、そんな・・・。

「これの開発には確かにワシも関わった、でもな会社も倒産しておるし、ほら保証期間もとっくに過ぎとる。」
指さされた保証期間の日付は数年前だった・・・。

「それにこの製品は発売直後すく回収された、不具合が多くてな・・・。
しかしあんたホントに元々女性なのかい??あってはならないことだがこの製品でちゃんと入れ替われる確率は5%に満たないんじゃ。」
「えぇ!?」
「だからちゃんと発売はされなかったわけじゃ・・・・もしあんたの言う通り入れ替われたというのなら奇跡に近い・・・。」

うなだれた私の視線には膝に置かれた汚い毛むくじゃらの手と短い足があった。
”私はこんな汚い身体じゃない・・・私の身体にどれだけの男たちがむしゃぶりついてきたか、私は選ばれた女よ。このままなんて”

私はこれまでのことを無我夢中で話した。
ソソノカされて自分の身体と立場を奪われたこと、その身体でいやらしいことをされたり社会的な立場が危なくなる可能性が高いことなど・・・切々と話した。

初老の男性もこれを開発した責任を認識し腕組みして静かに考えている様子だ。

私は涙ながらに話した。
女性のときは泣けばどんな男でもすぐに同情し助けてくれた、しかし今の自分は醜く泣いている汚い男でしかなかったと思う。

ひとしきり話を聞いた男性は静かに話し始めた。
「分かった。なんとかしよう・・・あんたは100%被害者じゃ。ただ3ヶ月くれ、それでなんとか直してちゃんと入れ替え可能にする、いいか3ヶ月だ。」

・・・3ヶ月。


「高木君、良いわね。次の仕事もこの調子でお願いね。」
英美香の部下の高木洋介は相変わらず出来る男だ。

そしてなにより背も高くイケメン、周囲の女子社員からも絶大な人気を誇っている。
今、英美香になった僕と二人で歩いていると美男美女で皆を圧倒する迫力だ。

入れ替わって一週間ほどで分かったのはこの洋介は英美香に気があるということだ、頻繁にアプローチしてくる。
今、彼の仕事を受け取った際にも僕の身体への視線が確かにそれを感じさせた。

見ないようにしているようだがガマンできないようでこのエロボディへのチラ見も度々している。
男はこんな感じで女をいやらしい目で見ているわけだ・・・。

毎日刺さるような男たちの目を嫌というほど感じていた。

変態どもめ・・・


「さぁ、もっと舐めなさい!あぁ~」

入れ替わってから一週間経っていた。入れ替わった当日を除いて光男(英美香)とはマンションで同居している。
奴隷と化した光男(英美香)には連日僕の自慰行為の手伝いをさせている。

今日は初めてのクンニ体験、気絶しそうだ・・・き、気持ちいい!!
そしてあそこを一心不乱に舐めているのがあの今里英美香なんて・・・最高だ。。

汚い身体に押し込められた英美香は見る影もなく僕の股間のつぼみを舐めるづけている。

その光男(英美香)の股間への奉仕・・・たまらない。
僕は英美香の敏感な身体の中で快感に狂っていた。


「ハァハァ・・」
女の強烈な快感に飲み込まれるように包まれ息も絶え絶えだ。

「も、もうこのヘンでいいでしょ・・・。」
その時光男(英美香)の一物が目に入ってきた。

今の彼は汚いブリーフ一枚だけで僕への奉仕を続けていた・・・そしてもちろんあそこは猛烈に勃起し挿入を迫っているかのようだ。
しかし英美香の高すぎるプライドは未だ男の性欲に耐え続け自慰行為すらしていない、見上げたものだ。

「お前もう一人エッチはしたのか??」
「何言ってんの!!す、するわけないでしょ!?」
光男(英美香)のブリーフの先端は先走り液で亀頭が透けて見えるほどになっている・・・フフフ、こりゃ面白そうだ。

続く・・・・

-あとがき-

今年の夏にトッカエバーの続編を読みたいとご意見を頂きました。
そんで今回やっと前編の公開です・・・もう12月ですよ(スミマセン)。

割と続編が描きやすいこの作品、実は当初ほとんど進みませんでした。
運が悪いことにほぼ同じシュチュエーションの作品を書いている最中だったんですね。

なんとか差別化を図ろうと考えていくうちに時間が経ってしまったというのが本当のトコです。

文章は全て完成してますのでこれから後半のイラストにということになります、またちょっとお待ちくださいませ。

無知と童貞とあさおん
DMM
DLsite
性に関する知識が殆どない友人が朝起きたら女になってしまった!
そんな友人を目の前に、一緒に暮らしてる童貞男は……

お世話になってる”ふぇってぃはうす”さんの作品です!!

10 Responses to “続トッカエバー/前編”

  1. k より:

    最高です!応援してます!

  2. たまこ より:

    はじめまして!
    す・・・素晴らしい・・・(*´-`*)
    トッカエバーはTSF好きにはたまらない一品ですね笑
    続き楽しみにしています(´▽`)

    • kenzi より:

      たまこさんコメントありがとうございます。

      今回男性上位のTSFを思いっきり描いてみました、気に入って頂けてなによりです(^o^)

      今、続き描いてるトコです~出来次第掲載の予定です。
      もう少々お待ちくださいませ。

  3. kenzi より:

    Kさんコメントありがとうございます。

    喜んで頂けてなによりです、これからもよろしくお願いします~(^o^)

  4. クリッター より:

    本当に書いてもらって感激です。本当最高でした。

    後編も楽しみにしてまってます!

    • kenzi より:

      クリッターさんご無沙汰しております。
      続編だいぶ時間が掛かってしまいました(^_^;

      後編は今描いてるトコです~もうちょっとお待ちくださいませ!!

  5. どむ より:

    久々の長編ですね
    女男の視点と男女の視点との両方が楽しめて好みです
    女性が自分の身体を好きにされ、さらに望まない男の性欲を押し付けられコントロールできない様がたまりません
    楽しみです

    • kenzi より:

      どむさんこんにちは、コメントありがとうございます。

      視点を変えないと文章がエロくならないな~と今回はじめて挑戦してみました。
      後半、英美香さんにはマスマス困難が降りかかります・・・・お楽しみに(^o^)

  6. ちむどん より:

    これ凄くおもしろいですね

    続き期待しています!元に戻る展開はいやですよ?w

    • kenzi より:

      ちむどんさんコメントありがとうございます。
       
      今続き製作中です~気に入って頂けるとイイのですが(^o^)

サブコンテンツ

このページの先頭へ