「ゆみ子のヨガ教室」第2章

作:夏樹

ゆみ子「けい子さんは、いい方ですね」

夏樹の傍には、ゆみ子先生の姿がある。

夏樹 「その通りですね」

丁寧に受け答えする夏樹。

夏樹 「生徒の皆さんは帰られたようですね。それに」
ゆみ子「何でしょうか?」
夏樹 「今日も良かったわよ。あれだけやれたら大丈夫。あなたの呑み込みの良さには驚いたわ」
ゆみ子「まだまだです。先生」
夏樹 「謙遜することはないわ。私が教えた事を全て吸収してるんですもの。あれだけの期間で」
ゆみ子「恥ずかしいです」

一体どうなっているのだろうか?二人のこのやり取り。何か変だ。

ゆみ子「先生の体が柔らかいから、自由自在に伸ばせるんですよ」
夏樹 「あら、早く行かないと。けい子さんにまた怪しまれるわ」

第3章につづく。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ