超電磁ロボット・デルセスV 第六話・その1

前回までのあらすじ

久しぶりの休暇でアヤカと共に街に繰り出した俺。
アヤカと別れた後、病院療養中の今井ユリアを訪ねる・・・。

しかし病院には俺を女性にした張本人、田辺綾乃が待ち構えていた。
そして見事に変身した俺を興味津々に検査し始めるのだった。

男に戻るには彼女の協力がどうしても必要だ・・・・逆らうことが出来ない状況の中、彼女の要求はエスカレートしていくのだった。

「ひとつ聞いていいかしら?答えにくいかもしれないけどちゃんと答えて、sexのことよ。」
「sex!?」
服を着たとはいえ全裸の時となんら変わりない心細さを感じる・・・・次は何を言い出すんだ。

「皮とのシンクロ率の急激な上昇はあなたがそれを・・・sexを楽しんでいた証拠よ。相手は誰かしら・・・男、それとも女?」

-第六話・その1-

「・・・・私は男です。男となんてしません。」
私は男・・・この容姿で男といっても説得力の欠片もない、服を着てもフェロモンが溢れ出ているのを自分で感じてしまう。

「そうでしょうねぇ。ビックフェニックスはほとんど女性だし・・・」綾乃の顔つきが再び狂気の表情に変わってくる!
俺の体を舐めまわすように見ながら「困ったわねぇ~異性間のsexもデータとして要るのよね~」
「異性間?!男と交われってこと!!」

綾乃は完全にイッた表情でまくし立てる。
「この男知ってるでしょう??」モニターに表示された写真は以前の部下、高杉だった。
「彼は先日訓練中に負傷してね・・・その時、身体にチップを埋め込んでもらったの上層部の許可も取ってだけどねぇ。」
チップ?なんでそんなこと・・・。

「さっこれを付けて!」首にはめる金属製のチョーカーを差し出す。・・なんだ!?
「これオメガチェーンって言うちゃんとしたアクセサリーよ、あなたは元男性だから知らないでしょうけど。元に戻りたいって言うけど研究者としてデータは取らせてほしいのよねぇ」
「・・・・・」
差し出されたアクセサリーはまるで首輪のように静かに音を立てて装着された・・・。


街を歩く男達は刺すように視線を投げかけてくる。

綾乃の用意した服は男であれば見ずにはいられないイヤらしいモノだった・・・・超ミニスカートに黒のストッキング・・・・肩が見事に露出し身体にピタピタに密着しているワンピースだ。
これが高杉の好みらしい・・・俺は以前の部下の性欲を刺激するための服装に呆然としていた。
見下ろした自らの身体にため息を付くばかりだ・・・・。

首には綾乃に付けられたアクセサリーが揺れている。データ取得用の小型コネクタ・・・悲しいくらい似合っている。

綾乃の策略どおり道の向こうから高杉が歩いてくる・・・かつての自分の部下、一ヶ月以上前も彼の不甲斐なさに諭したのを覚えている。
しかも無類の女好き。
綾乃はこの男に目を付けデーターを取るためのサンプルとしてしまったわけだ・・。

ハァとため息を付く・・・・スマホをいじり暇な女の子を演じる。
綾乃の予想通り高杉は、街角に立つ可愛い女の子と化した俺に声をかけてくる。

「待ち合わせかい?なんだかすっぽかされたって感じだけど??」元に戻るためだ、ちゃんと可愛い女の子を演じなくっちゃ。

デルセス6話_1

「えっええ。急に友達これないってメール来ちゃって・・。」
「もしよかったら・・・」話し続けるヤツの目線が俺の身体をスキャンしているのが分かる!!胸の膨らみと谷間、そしてミニスカの付け根を捉えている。
男ってこんな風に女の子の身体を見るんだ・・・イヤらしい。

「うぅん、でも今日は私帰らなくっちゃ・・」
「ちょっとだけ付き合ってよ。一時間だけ?ねっいいでしょ??」

「・・・じゃ一時間だけね。」


綾乃の計画は恐ろしいものだった。

あまりに見事に女の子に変貌した自分・・・これに女好きの高杉がなびかないはずがない・・・彼の性欲を利用してデータ取得をしようということなのだ。

自分と高杉にリアルにsexをさせる。
それなら・・せめて研究所で、データ取得と割り切った行為をさせられる方がよっぽど楽だ。
しかし彼女は自分に女の子として襲われて交わるというシチュエーションを体験させようとしている・・・・

脳裏に綾乃の笑った顔が離れなかった。

つづく・・・・。



あとがき

綾乃さんが女の子と化した主人公に男を誘惑させsexを体験させる・・・う~ん悪い人だ。
でもダークなTSが大好きな僕としてはぜひ綾乃さんに頑張って頂きたい。

エッチな格好で街角に立つ主人公のイラストは実は一度書き直してます。
なぜか??
当初描いた格好がいくらなんでもイキすぎな服装ではないの???と思ったからです。

一応ナンパされる格好でなければならない・・・これでは逆に引かれるのではないの??ということでボツとなりました。
これです・・・

ボツ

ねっイキすぎでしょう??

では次回~。

web拍手 by FC2

男に戻るツボ&ナリス!

男に戻るツボ&ナリス!

「男に戻るツボ」
目が覚めたら女の子になっていたオレ。だが、たまたま一緒に寝てた親友が男に戻る方法を知っていた。
なんでも、カラダの内部に有るツボを押せば男に戻れるのだと言う。奴は一生懸命、オレを男に戻そうとしてくれるけど、なんだかオレは感じてきて…

「ナリス!」
暇でネットで遊んでて見つけた謎サイト。可愛い女の子の写真をアイコンとして使えるらしい。
オレはその娘に成りすまして、男をデートに誘ってからかったんだが、何故だかオレがその娘そっくりに変身してしまう。
そして、どうしてもデートしなければならない強迫観念にとらわれて…

ちょこばにらさんに描いて頂いたTSF2本立て。28ページのフルカラー漫画です!


お世話になってるあむぁいさんの同人作品です!!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ